スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンジンルーム内の可燃物置き忘れで火災72件(レスポンス)

2010-04-27

国土交通省は23日、自動車の不具合に起因する事故や火災の件数が昨年1年間で1138件あったと発表した。

このうち火災が984件と全体の86.5%を占め、さらにそのうちエンジンルーム内の可燃物置き忘れなどが原因となった火災が72件発生していることが分かった。火災の原因別では、ウエスなどの置き忘れが全体の8割を占めているため、同省は日本自動車工業会などの関係団体に対し、ユーザーへの注意喚起を行うよう文書で要請した。

同省の調査によると、エンジンオイルなどが付着したウエスの最低発火温度は330 - 350度で、特に高速道路などの登坂路を走行した直後にサービスエリアで停車するような、排気系温度が高いままで維持される条件では容易に300 - 350度に達し、発火する可能性が高いという。

このため同省では、運行前のエンジンルーム内確認のほか、車両を長期間使用しなかった場合は、小動物や鳥類に持ち込まれた小枝などがないことを確認するとともに、走行中に焦げた臭いを感じたときは走行を継続しないよう呼びかけている。

《レスポンス 編集部》

【関連記事】
タタ ナノ、インドで車両火災事故が頻発
損保ジャパン、セゾン自動車火災に資本参加
EV整備には診断ツール普及が必要
点検整備3項目実施で2%燃費改善---自動車エコ整備
トミカ40周年、販売台数ランキング

児童ポルノ販売容疑、男女5人逮捕=DVD8万枚を押収-広島県警(時事通信)
石原知事、首相をバッサリ「聡明、決断力のある政治家とは思えない」(産経新聞)
<ひき逃げ>女性はねられ死亡 警察が捜査 群馬県高崎(毎日新聞)
橋下“維新”府議はやジレンマ 自民が公認候補…党籍除名も(産経新聞)
銃許可業務怠り、24人処分=94年から14年間-鹿児島県警(時事通信)
スポンサーサイト

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。