スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

兼業の大阪高裁事務官に停職9カ月(産経新聞)

2010-05-29

 休日などに許可を得ずに民間企業で働いていたとして、大阪高裁は27日、同高裁事務局の50代の男性事務官を停職9カ月の懲戒処分にしたと発表した。

 高裁によると、職員は平成16年9月~19年2月、兼業の許可を得ず、終業後や休日のほか病気休暇を取得するなどして大阪府内の民間企業で稼働。高所作業車を営業所まで運転するなどの業務に従事した。

 職員は1回で約1万円の報酬を得ており、「1カ月に10~20日間ぐらい働いた。反省しています」と話しているという。

 21年6月、職員が記入した内部書類の年収が、高裁が把握している額を上回っていたため発覚した。

 同高裁の古財英明事務局長は「法令を順守すべき裁判所職員が不祥事を起こしたことは誠に遺憾。職員の規律保持に努めたい」とコメントした。

【関連記事】
「合理的理由ない」論文不正疑惑の元東北大助教の解雇無効
上司に「ぶん殴るぞ」 横浜地裁書記官を停職処分
解任拒否で弁護士業務停止処分
破産財団から横領 管財人の元弁護士、起訴内容を認める 金沢地裁
裁判所事務官が酒気帯び運転 大阪地裁が懲戒

高齢者住宅業界のレベルアップ目指す―経営者協議会が発足(医療介護CBニュース)
農水省、口蹄疫拡大で国や県の防疫態勢調査へ(読売新聞)
自衛隊の海外派遣 自民が一般法提出(産経新聞)
<稲穂>枝増やす遺伝子を名大チームが発見 最大52%増も(毎日新聞)
口蹄疫 赤松農水相が陳謝「結果責任はある」(産経新聞)
スポンサーサイト

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。